メインイメージ画像

開業の資金は業種や条件によって変わるので断言はできません

一般的な話をしますと、独立開業をするなら、資金はかかります。その資本金がどれ位かかるかは、業種によって違ってきます。それが比較的高額になる業種もあれば、比較的少なめな資金で開業ができる業種もあります。例えば小売業などは、独立開業のための資金は比較的低めな特性があるのです。全体平均の状況は、1100万円前後で開業ができるケースなどが一般的です。

また数ある業種の中には、個人向けのサービスなどを提供している所もあります。

法人向けの区分けではなく、あくまでも個人向けのものです。そのような業種の事例は、上記の小売業に比べれば若干高めになってきます。平均的には、1300万円くらいが開業の資金として必須になるケースがほとんどです。また飲食店などは、もっとたくさんの資金が必要になるケースが飛びぬけて多いです。

全体的平均値としては、1600万円台となります。たくさんの資金が無ければ独立が困難な業種もあれば、少ない資金でも独立が可能な業種もあります。

幾ら位資金がかかるのかは、業種次第という事になってきます。ところがそれも、会社によって異なる一面もあるのです。

先述の飲食業の場合、全体の33パーセント前後は1000万円から2000万円の資金にて開業している状況なのです。それに対して全体の28パーセント前後は、500万円から1000万円前後位の資金で開業をしている傾向があります。その業界の場合は、2000万円以上で開業をしている会社は、全体の24パーセント程度という現状です。

また小売業の場合も、これまた会社によって開業のための資金は違います。全体の33パーセント程度は500万円から1000万円前後の資金で開業を行っていますし、4分の1くらいは1000万円から2000万円くらいの資金で開業をしているからです。したがって独立開業の際にどれほどの資金が必要になるかは、会社や業種次第です。つまりケースバイケースという状況なので、どれ位の資金が必要かは判断が難しい状況です。ただ平均的には、1000万円以上で開業をしている傾向があります。

更新情報